株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

施工実績

笑顔あふれる未来が見える、家族への思いやりに満ちた快適な家

img8014

奥様のご両親と暮らす、二世帯住宅。
鮮やかなカラーが印象的な玄関扉に合わせて、外壁の色にもこだわっています。

現在、所有車は3台ですが、駐車スペースは4台分。
ゲストが訪れた時や子供の将来も見据えた広々設計。

 

img7984

子どもが帰ってすぐに手洗いができるよう、玄関に洗面台を設置。
玄関を入って最初に目に入る場所だから、エコカラットも明るく優しいイメージに。

 

img8009

1階部分、ご両親宅の玄関。
車椅子生活になったことを考え、上がり框は低めで、廊下の幅も規定より約45cm広めに設計されています。

 

img9805

お互いのプライバシーを重視し、それぞれの玄関や水回り、部屋は独立しているものの、玄関横の扉で行き来が可能。いざという時にすぐ行けるだけでなく、毎日の生活でも1階のトイレを子供たちが使う時などに大変便利です。

 

 

img9785

家族が集まるリビングは「とにかく明るくしたい!」というご主人の要望で、採光窓を多数設置。
開閉できるので、部屋全体の風通しも良好。

部屋干しができる室内用の物干しもあり、梅雨時期には重宝しそう。

 

img7986

キッチン横にはパソコンが置けるスタディコーナーが。子どもの勉強机として使え、料理をしながらでも子供の様子が見えるので安心。

 

img7994

インターホンのでっぱりを常々邪魔に感じていたというご主人。壁のへこみに入れ込むスイッチニッチを採用して、壁面がすっきり。
エアコンのリモコンなども合わせれば、いざという時にリモコンがない!という状態も防げます。

 

img9800

ご両親側のリビングダイニング。

適度な広さで、家事がしやすい設計に。お母様がふだんピアノを楽しむだけでなく、子供たちがピアノを習い始めたらここでレッスンする予定です。

 

img7999

奥様のこだわりで、トイレのドアにはミッキーが。
友達が遊びに来た時にも「トイレはミッキーが目印だよ」と案内しやすくて便利!

 

img9793

広々としたトイレ。
ご両親が暮らす1階のトイレと同じ広さで、車椅子でもゆったりと入ることができます。

 

 

img9796

洗面所には大きめのクローゼットを設置。家族の着替えが入るので、お風呂上がりにすぐ身につけられて、洗濯後の収納もラクラク。

 

img8002

廊下やホールの至るところに窓があり、一直線になるよう配置。
心地よい風が家全体を吹き抜け、冷暖房の節約にも。

 

img7996

ご主人の書斎スペース。扉のないオープンスペースになっているのは、「家族がそれぞれの部屋に閉じこもってしまわないように」というご主人のこだわり。同じ理由から、子ども部屋もリビングを通らないと行き来できない設計になっていて、コミュニケーションも活発に。

 

img8025
ご主人、奥様、ご長女(4ヶ月)、お母様。お父様はご用事で外出中、ご長男(4歳)は保育園の行事に参加中の日にお邪魔させていただきました。ご家族6人がそろうとにぎやかさも一段とアップするそうです。

お客さまの声

最初は二世帯住宅にすることを考えていなかったという奥様。しかし、ご両親の退職を期にご自分の子育てやご両親の今後のことを思い、すぐに行き来できた方がお互い安心できるからと、一緒に暮らせる大きめの家を建てることを決意したのだとか。将来を見据え、細かいところにも優しさを感じさせる心地よい家での暮らしには、家族の笑顔がこぼれる、素敵な未来が待っていそうですね。

一覧に戻る