6Days+1『ステージⅢ』<br>~見た目は鍾乳洞のごとし!~|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

家づくりレポート

6Days+1『ステージⅢ』
~見た目は鍾乳洞のごとし!~

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、ピピピpp・・・

この建築工事は6日間での作業をリアルタイムでブログ、写真にて

1週間ごとに進行・ご報告させていただくことになる。

暑い・・・とにかく暑い日が続く・・・

この時期は棟梁も大変だろうな・・・

と、想像しながら現場へと向かう。

このステージでのメイン作業は断熱材吹付である。

では、どアップ写真をどうぞ!

IMG_2262
現在、弊社では壁、屋根下の断熱を硬質ウレタンフォームで施工しております。見た目は発泡スチロールでできた鍾乳洞?のような感じですが、ぶつぶつした気泡があり、その気泡の中に熱伝導率が極めて小さいガスを閉じ込めているため高い断熱性があると言われております。

 

IMG_2269
柱の厚み以上に断熱材が部屋内に発砲してきます。それを職人さんが丁寧に削っていきます。以前は袋詰みになった『グラスウール』という断熱材を職人さんが1袋づつ施工していくという方法が多かったのですが、職人さんの施工方法(腕)によって断熱効果が変わる可能性が多く、また、袋に入った断熱材がズレ落ちてくる可能性もあるなど・・・の問題点・課題点などがありました。現在、この吹き付け断熱の施工方法になり、断熱の効果はほぼ均一になっていると聞いております。
IMG_2265
天井部分も吹き付けていきます。線が出ていますが、これは電気配線で、断熱材の吹付をする前に配線工事を完了していきます。
IMG_2268
配線だけでなく、コンセントの位置も決まってきました。ここはどの部分かわかりますでしょうか?・・・お施主様しかわからないですよね。
IMG_2264
日曜日、分譲地で他のお客様をご案内しているとお施主様が現場に来られました。『ぜひ 工事中の現場をご見学してください!』・・・と半分強引に中に入っていただきました。棟梁!いつも現場を綺麗にしていただいてありがとうございます。その日は異常な暑さ?だったのですが家の中は・・・?す、涼しい・・・外にいるより全然涼しいではないですか!・・・とこれも半分強引にお施主様に確認?

さて、ステージⅢでの工事は電気配線と断熱材でした。

ステージⅣはそろそろ外壁かな?

次週は7月3日~7月8日の工事になります。

そうだそうだ!

お隣の区画でご検討していただいていたお客様ですが、

無事にご契約となりました。

ステージⅣに進む!⇩⇩⇩

6Days+1『ステージⅣ』 ~匠の仕事!~

ステージⅡに戻る⇩⇩⇩

6Days+1『ステージⅡ』 ~中間検査終わりました!~

 

 

 

 

 

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”