ヘッポコ山日記take23<br>近江八景『比良の暮雪』パートⅡ『釈迦岳』<br>前回行けなかったので今回行ってみましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

登山日記

ヘッポコ山日記take23
近江八景『比良の暮雪』パートⅡ『釈迦岳』
前回行けなかったので今回行ってみましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

10月4日㈬

前回に引き続き、近江八景『比良の暮雪』パートⅡ『釈迦岳』に登ってまいりました\(^o^)/

本来は前回に登頂する予定でしたが、足の調子がイマイチだったので断念!

しかし『なんや続きはやらへんのか!』という皆さんの熱い要望に応えるべく(笑)

今回再チャレンジすることとなりましたv( ̄Д ̄)v イエイ

この『釈迦岳』2004年比良リフト比良ロープウェイ廃止になるまでは、大変登りやすい山だったみたいですが、今では前回同様『夏草や兵どもが夢の跡』となっているようですね(* ̄- ̄)ふ~ん

今回は前回と違うルートで、神璽ノ滝(破線ルート)~北比良峠~釈迦岳~ワンゲル道下山の山行です。

では『比良の暮雪』パートⅡをお楽しみください(^^)v

 

さっそく登山口に比良リフト山麓駅跡が登場!

昔はスキー客や登山客でかなり賑わっていたんでしょうね(((uдu*)ゥンゥン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山道は分かっているのですが(-ω-;)ウーン

せめて行先だけでも( `・∀・´)ノヨロシク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで釈迦岳と神璽ノ滝の分岐です。

右側に進むと比良リフト釈迦岳駅跡に行きつくみたいです。

今回私は以前から「行かなあかんな!」と思いつつ行けてなかった『神璽ノ滝』を目指します(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはヤバイやつやろか(;゚Д゚)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここで一旦登山道を反れて『神璽ノ滝』に向かいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『神璽ノ滝【雄滝】』です(((o(*゚▽゚*)o)))

『神璽ノ滝』は大小6つの滝の総称のようで、この滝は4番目【雄滝】にあたるそうです(* ̄- ̄)ふ~ん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この灯篭は何でここにあるのだろか(・・?

誰か知っている方がいらっしゃれば教えて下さい( `・∀・´)ノヨロシク

この灯篭の裏側に5番目6番目があるらしいのだが、まさかその目印(。´・ω・)?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歩きやすい登山道とキレイな樹林帯ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

所々にこの様なレスキューポイントがあります。

覚えておかなくちゃφ(..)メモメモ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何やら怪しげな鳥居と祠らしきものがΣ( ̄□ ̄|||)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この様なテープを見つけながら進みます。

でも色弱の私には大変難しい作業です(-“-;A …アセアセ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この様な橋を作って頂いて感謝です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この辺りから段々と、ルートが途切れ途切れとなって分かりにくくなってきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうやらこの先はキケンなようです(;゚Д゚)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なるほど!

確かにロープが途中で切れています(・∀・)ウン!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この中に登山道があるのですが皆さん分かりますか(。´・ω・)?

横から見てやっとこさ分かる程度なので、下から見上げた時は分かりませんでした(-ω-;)ウーン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し視界が開けてきました(≧▽≦)

今日初めての沖島です(^O^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな所を登り詰めて!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

視界が開けたポイントに!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このザレ場を登りきるともう直ぐ北比良峠です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北比良峠に到着!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天気は今回も今一つですが(;^_^A

一応お約束のポーズv( ̄Д ̄)v イエイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天気もあまりヨロシクないので釈迦岳へ急ぎます(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

っと思いきや、いきなり道が崩落Σ(゚д゚lll)ガーン

と言ってもちゃんと歩けるのですけどね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは真っ直ぐ進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釈迦岳手前のカラ岳山頂の電波塔です(´・∀・`)ヘー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

釈迦岳に到着!

でも釈迦岳山頂の眺望はほぼ無し(つд⊂)エーン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お腹も減って来たのでここで昼食(^O^)

山で食べると基本何でも美味しいのですが、

私はインスタントラーメンの中ではこのチリトマトを一番よく食べますね!(^^)!

皆さんはどのインスタントラーメンがお好きですか(^。^)y-.。o○

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お腹も満たされたところでさぁ下山!

ワンゲル道に入ると急勾配が続きます(◎_◎;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これも登山道!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワンゲル道登山口に到着!

この橋を渡ればもう私の車の駐車場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後にお決まりのポーズ(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後まで長々とお付き合いいただきましてありがとうございます。

今回は、前回行けなかったコースを歩きましたが、

通常の実線コース(登山地図上に実線で示された比較的整備された道)ではなく

破線コースを歩きました。

登山道は通常実線コースがほとんどですが、

破線コースは登山道が荒れていて、途中で道が途切れていたりもします。

この様なコースは勿論危険と隣り合わせなのですが、逆にルートファインディング

(正しい道を探す)が楽しいコースでもあります。

次回は登山地図に一切道が載っていない、バリエーションルートをお届けしたいと思います。

乞うご期待くださいv( ̄Д ̄)v イエイ

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”