太陽光パネル ~ この1年の売電収入 ~|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

スタッフブログ

太陽光パネル ~ この1年の売電収入 ~

家を建て替えたり新築する際に、省エネという観点は外せません。

2020年、すべての新築住宅に省エネ基準が義務化される方向でしたが、適合を義務付けたのは、オフィスビルやホテル、商業施設など住宅を除く新築の中規模建物(延べ床面積300平方メートル以上2千平方メートル未満)だけ。
住宅や小規模建物(同300平方メートル未満)については、義務化が見送りになりました。

主婦の目線からすると、

「家を建てる際の費用」は安いほうがいい
でも、
「毎月の光熱費」は絶対安いほうがいい
ですよね。

オール電化や、太陽光って、ほんとのところどうなの?と思われるかたも多いはずです。

で、今日は我が家の売電収入を晒してしまいます^^;

我が家のパネルはこんな感じです。(蓄電はないです)
ドローン撮影ですよ~(≧▽≦)
南側に高い建物がないので一日中お日様を受けられます。


昨年3月に入居しましたので、先日送られてきた「受給電力量のお知らせ」で丸1年になります。

パネルがどうとか、システムがどうとか、さっぱりなのですが、
例えば、

8月分(7月19日~8月18日)の売電は税抜8,968円になってます。
関電から引落された7月18日~8月20日の電気料金は、7,219円でしたので正味黒字です。
というより、売電は「余った電力」を売るので、かなり得してますよね!

我が家はワンコがおりますので、リビングは1日中うるさら7が動いております。
家族はみな自室で寝ますので、夜はリビング&3室エアコン作動という贅沢な使いっぷり

この「受給電力量のお知らせ」ハガキを見てお気づきですか?
「9月も暑いはずなのに、買取料金が低いわね・・・」

こういう気象状況だったのです。
しかも、我が家はあの台風21号で、丸3日間停電していたのです。
その時の様子はこちら

で、結局どれくらい収入があったかというと

73,151円/年

(20万円を超えると雑収入として申告が必要らしいです)
もちろん、毎月の電気料金は、それまでの生活よりかなりお安かったので、私としては満足しています。

なにかのご参考になれば幸いです(^-^)

山科ハウジングセンターが創るゼロ・エネルギー・ハウスはこちら
ZEH(ゼロエネルギー住宅)のモデルハウス

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”