今日も現場は動いている【SEASON2】<br>~変化① 動き出す・・・!~|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

家づくりレポート

今日も現場は動いている【SEASON2】
~変化① 動き出す・・・!~

大津市衣川1丁目の宅地造成工事が

スタートしてから・・・数か月

面影から創造へと変化していく中、

造成工事が完了して、再び現場は動き始めていく・・・

SEASON2スタートである!

今回は造成工事完成からの動きをUPさせていただきます。

IMG_2252
皆様、覚えていただいているでしょうか?当初の姿から最終的にはこのように変化しました。
IMG_2255
このあたりも当初とは全然変わりましたよね。

 

IMG_2256
当初3区画だった区画が、2区画になりました。

詳細はこちらからお願いいたします。

ある意味、貴重な写真かも・・・

https://www.yhc.co.jp/blog/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%82%82%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%81%af%e5%8b%95%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bd%9e%e7%ac%ac%ef%bc%93%e7%ab%a0%e3%80%80%e9%9d%a2%e5%bd%b1%e3%81%8c%e6%b6%88%e3%81%88%e3%81%a6/

さて、現場が再び動き始めました。

IMG_2257
家の配置がわかるように地縄張りをしています。
IMG_2280
地盤調査の結果、地盤改良が必要になりました。地盤改良には大きく①表層改良②柱状改良③鋼管杭工法の3種類があります。今回は②の柱状改良になりました。柱状改良とは、支持層と呼ばれる硬い地盤からセメントの柱で建物を支える地盤改良工法です。残りの工法は現場監督にお願いしましょうかね・・・
IMG_2278
べた基礎をコンクリートの柱で支えるため杭は数十本必要になります。特に今回は・・・びっくりいたしました!家が大きく、基礎も大きいので・・・私の口からは本数は言えません、悪しからず。
IMG_4867
今回は『湿式柱状改良工法』での改良工事なんですが、説明は以下のようになっております。【軟弱地盤中にセメント系固化材をスラリー状にしたものを原地盤を円柱状に乱した中に注入しながら機械的に撹拌混合し、セメント系固化材の水和反応を利用して地盤中に柱状の固結体を構築し、地盤を補強する工法】・・・なんだか難しいですね。
IMG_4882
さて、問題です!この番号は何でしょう?
IMG_4866
何やら改良工事後の杭にも番号が!・・・ということですね。この番号とさっきの番号・・・そうです。皆様、正解でございます。

さて、

SEASON2に突入し、現場は今日も動いている。

どのように現場は動いていくのでしょうか?

果たしてSEASON3はあるのか!

乞うご期待くださいませ・・・

変化②に進む!⇩⇩⇩

https://www.yhc.co.jp/blog/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%82%82%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%81%af%e5%8b%95%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%80%90season%ef%bc%92%e3%80%91%ef%bd%9e%e5%a4%89%e5%8c%96%e2%91%a1%e3%80%80%e8%a6%8b%ef%bd%9e/

SEASON1 第5章に戻る!⇩⇩⇩

https://www.yhc.co.jp/blog/%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%82%82%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%81%af%e5%8b%95%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bd%9e%e7%ac%ac5%e7%ab%a0%e3%80%80%e9%9d%a2%e5%bd%b1%e3%81%ae%e8%b7%a1%ef%bd%a5%ef%bd%a5%ef%bd%a5/

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”