ヘッポコ山日記take18<br><br>鈴鹿山系のヒル天国(;゚Д゚)っと思いきや?<br>御在所岳に源を発する<br>神崎川~ツメカリ谷を遡行v( ̄Д ̄)v イエイ|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

登山日記

ヘッポコ山日記take18

鈴鹿山系のヒル天国(;゚Д゚)っと思いきや?
御在所岳に源を発する
神崎川~ツメカリ谷を遡行v( ̄Д ̄)v イエイ

こんにちは!

皆さん、お盆は如何様に過ごされましたでしょうか。

私はお盆休みの間天気が良くなかったので山に登れてません(T_T)

アルプスの壮大な景色を皆様にお届けしようと様子を伺っておりましたが

残念ながら願いかなわず_| ̄|○ガックリ

てなわけで今回も沢登りの始まり始まり~(^○^)

8月2日水曜日

やっぱり今日も暑すぎるι(´Д`υ)アツィー

てなわけで、ヒル銀座と呼ばれる鈴鹿山系御在所岳に源を発する神崎川ツメカリ谷を沢登りしてきました\(^o^)/

でも鈴鹿南部の山々は花崗岩質で酸性が強い為、ヒルが出現しにくそうですε-(´∀`*)ホッ

では安心出来たところで神崎川に入渓開始ですv( ̄Д ̄)v イエイ

 

林道入口の車両止めゲートから歩いて約1時間!

やっと入渓ポイントの降り口↓に到着です( ´Д`)=3 フゥ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さぁ、ここから神崎川の遡上開始です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入渓ポイントから少し歩くと堰堤が見えてきました(´・ω`・)エッ?

どうすんのこれ?

と思いつつもこの堰堤を突破(^○^)(その理由は最後にとっておきます( ´∀` )

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

堰堤突破するとそこは↓キレイな沢だった(≧▽≦)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面のお山もそうですが、このゴロゴロしてる花崗岩が沢の水をキレイにしてくれてるんですね(((o(*゚▽゚*)o)))

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さぁ、暑くなってきたし、沢もキレイだし早速水に浸からせていただきますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この神崎川本流は、沢が広いので明るくてすごく歩きやすいですね(´・∀・`)ヘー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この滝は左岸を巻いて突破です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前半の見どころ!!!

正面に見える岩の壁が、多分花崗岩でできた一枚岩天然のダムになってます\(◎o◎)/!

水は正面左側の隠れた部分に滝があり、そこから写真真ん中に流れ込んでるんですよ(´・∀・`)ヘー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一枚岩の上から隠れていた滝を覗き込むとこんな感じ(´・∀・`)ヘー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次も花崗岩の一枚岩!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上から覗き込むとこんなに滑らか(@_@)

ここから滑って飛び込むと気持ち良いですよ(・∀・)イイ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次のポイントは、この淵↓を泳ぎ切りますΣ(゚Д゚;エーッ!

流れもそんなに強くないので、案外簡単に泳ぎ切れるんですよ(´▽`) ホッ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

淵を泳いだ後しばらく進むと、ツメカリ谷出合に到着です。

ここが↓がツメカリ谷の入口で、神崎川本流と違いかなり狭くなっていますね(゜_゜>)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明るく広々した神崎川本流と違い、狭く結構切り立った渓になりますので薄暗いです。

でもその分神秘性が増しますねd(´∀`)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この様な滝が連続して出てきます(^○^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは結構滑るので慎重に登ります(@_@;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上流に向かうにつれて、渓が明るく広くなってきました。

やはり薄暗く狭い谷よりもこの方が安心できますε-(´∀`*)ホッ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日最後の滝です!

ここも少し泳いで左岸に取り付いたかな(・・?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ともあれ、上から覗き込むとこんな感じ(´・∀・`)ヘー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の滝を突破してしばらく進むと・・・

写真中央にある石積みが見えますかね?これを【ケルン】といいます。言わば道標ですね(^^♪

ここから右側の山を越えて白滝谷に出ようと考えていたのですがトラブル発生(゚д゚)!

なんとGPSで使っていたスマホに浸水!!!

防止タイプなのに何故(?_?)

地図を持ってきていなかったので安全を期してここで打ち切り(つд⊂)エーン

気を取り直して、来た谷をピストンで帰ります(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後の最後にやっとヒルを発見!

私を発見して近づいて気ましたが残念でした( ・∀・)イイ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何だかんだでゴールに到着ですv( ̄Д ̄)v イエイ

最初の問題の答えですが『梯子を使って突破しました』でした(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の反省点。

いくら文明が進んでもやはり最後はアナログが必要ですね。

機械やソフトはトラブルが発生すると使い物になりません。

バックアップの意味でもアナログ地図は携行すべきでした。

皆さんもアナログな部分が必要と感じた事はないですか(・・?

山だけでなく、生きる上でアナログな部分が必要とされる部分は多々ありますしね(^^)v

では次回を乞うご期待くださいv( ̄Д ̄)v イエイ

パートⅡがあるかも(^。^)y-.。o○

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”