ダスキンのレンジフードクリーニング|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

スタッフブログ

ダスキンのレンジフードクリーニング

11月も終わりに近づいてきて年末が来るなぁという感じですが、皆さんは「年末」というと何を連想されますか?

バタバタする
クリスマス
賞与
冬休み

主婦層はやっぱり

「大掃除」

という言葉が浮かんできて、やる前からげんなりという感じではないでしょうか?

忙しすぎて「年明けてから!」と言い訳して、結局それほどやってないというのが例年の私ですが、同じような方おられます?(笑)

今年は転居もしたので、ちょっと真面目に年末大掃除をやろうと決め、まずは素人では厳しいキッチンの換気扇の掃除をダスキンさんに依頼しました。
当日はお二人の方が来られ、男性は本体、女性はレンジフードカバーやフィルターの枠などの細かい作業をされます。

 

作業をされながら、
日頃のお手入れ方法やフィルターの交換目安はもちろんなんですが、
京都にお住いの某有名人のお宅セカンドキッチンの換気扇は電動でせり出すタイプだったとか(想像できません)
キャノーラ油やべに花油など使う食用油の違い、メイン料理が肉・魚どちらが多いかなどで汚れ具合が違うということなど、いろんな面白いお話が聞けました。

そんな話をしつつ、ふと頂いた名刺に目をやると

“代表取締役社長”

とあるではないですか!

「社長さんなんですか!?」

この時期は人手が足りなくて大変だということなんですが、
現場主義なので、出て行きたいんですよ」
と仰ったのが印象的でした。

作業時間は約1時間半。
シロッコファンの中もきれいになりました。


羽の汚れに見えるのは錆だそうです。
塩はもちろん、醤油・味噌など塩分の高い調味料が敵らしく、フィルターは分厚いものがいいそうです。
フィルター枠・フードカバーのベタつきもなくなりました。

年に2回くらいやったほうがいいのか尋ねたところ、
分解を繰り返すのはよろしくないそうで、こういう掃除は年に1度でいいということでした。
そして、信頼できる業者に依頼することだそうです。
特にエアコン洗浄に関しては故障のトラブルも多いらしく、そういう補償がしっかりした業者を選ぶことが大切だということです。

とりあえず、キッチン換気扇終了した我が家。
12月のお掃除計画をして、平成最後のお正月を気持ちよく迎えられるようにしたいと思います。

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”