スエーデン式サウンディング試験|京都 山科・滋賀で注文住宅・長期優良住宅を建てるなら 山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

株式会社山科ハウジングセンター

BLOG

設計室だより~あれこれ~

スエーデン式サウンディング試験

地盤調査今回は地盤調査についてです。

住宅を建てる前に行う調査を地盤調査といい、土地の強度が建物を支えるだけの地耐力を持っているかを調べます。調査方法には、標準貫入試験、スウェーデン式サウンディング法などがあります。

スウェーデン式サウンディング試験は、一定の荷重を掛けた試験機(スクリューポイント)を回転させ、25cm貫入するために何回転するかを計測して地盤の固さを調べるものです。

北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃、建設省が堤防の地盤として導入したのが始まりです。1976年にはJIS規格に制定され、現在では戸建て住宅向けの地盤調査のほとんどがスウェーデン式サウンディング試験によって実施されるに至っています。

 書いてばっかり。。
じゃなくて!
一生懸命建ててます!

ブログスタッフ、イチオシ!
  “お客様施工事例”